絶倫粉エンペラーの特徴

精力剤の一種である絶倫粉エンペラーは、マカやオットセイカロペプタイドを初めとした滋養強壮に良い成分を多数含んだサプリメントです。

20年で約30万個を売り上げた実績があり。

飲みことで体の内側から活力を高めることができます。

サプリメントといっても粉末や粒、ドリンクなどの種類があり自分に合った飲み方ができます。

マムシやハブといった漢方も含有され贅沢な成分が凝縮された商品であるのが特徴で、昔はよかったと嘆きの男性におすすめでしょう。

絶倫粉エンペラーはED改善や滋養強壮に良いとされますが、人によって効果なしという意見があります。

理由はいくつか考えられ、まずこの商品の利用者は40代から50代の中年期の年代が多いです。

実際ネットの口コミではこの年代が書き込みが多く、20代や30代の人は利用が少ないことから若い人にはあまり合わないサプリメントと言えます。

また精力剤の配合成分は血流改善や滋養強壮といった働きを持つものが中心であり、確実なED改善は見込みにくいでしょう。

また絶倫粉エンペラーは薬品ではなく栄養補助食品のような効果で身体に作用するので即効性は低いです。

なのである程度の期間は飲み続ける必要があり、短期間では効果なしという結果になるかもしれません。

 

絶倫粉エンペラーの主な成分を5つを紹介

 

一般の精力剤は植物やハーブを成分に利用してますが、絶倫粉エンペラーは動物性の原料をメインに扱った商品です。

オットセイカロペプタイド

オットセイカロペプタイドは、オットセイの肉のエキスでありこの動物は古くから絶倫のシンボルとして扱われてます。

実際オットセイは数十頭のメスとハーレムを作るとされ、精力剤には打って付けの成分でしょう。

マムシ

スッポンやマムシも絶倫粉エンペラーには含まれており、両者とも豊富なアミノ酸とコラーゲンを持っておりスタミナをつけます。

特にマムシにはビタミンやカルシウムも含有し、数千年前の中国では元気の源として酒漬けにして飲まれてました。

ハブ

蛇関連で言えばハブと蛇胆も扱われており、前者ならアミノ酸特にグルタミン酸、アスパラギン酸、アルギニンが多く含んでます。

後者の蛇胆は、聞きなれないかもしれませんが胆とは蛇の肝臓から分泌される胆汁を蓄えてます。

胆汁

胆汁には胆汁酸などの脂肪酸が多く、この他にはビタミンやミネラルなどの栄養も含んでます。

高い効果のある成分を持つので1日に1回の摂取で良く手軽です。

マカ

ちなみに植物由来の成分もありマカやガラナといった成分も絶倫粉エンペラーにはあり、こうした多彩な栄養が健康や男性機能の回復のサポートをしてくれます。

 

絶倫粉エンペラーの評判

絶倫粉エンペラーは精力増強に良いとされる商品ですが、年代としては年を重ねて精力が衰えがちな40代から50代の男性におすすめでしょう。

ネットの口コミなどでは性交渉の役に立った、下半身がみなぎったといった意見があります。

精力が回復したことで新たな出会いを求めたり、身体の調子が良くなったという意見もありました。

動物由来のアミノ酸を初めとした成分が血流を良くして勃起力をサポートしますが、医薬品ではないので人によって効果なしと感じることもあります。

利用者は粉末で飲むことが多く、やや臭いが気になり飲みづらいという意見があります。

それでも飲み物に混ぜたり、合わなかったらサプリメントタイプに変更するといったやり方があるので長く続けられる商品でしょう。

 

絶倫粉エンペラーの効果

精力アップ効果があるとされる絶倫粉エンペラーは20年以上のロングセラーを持つ人気の商品です。

下半身の衰えに悩む人に適した商品ですが、前の文でも記載したように医薬品ではありません。

実際にこの精力剤にはマムシやスッポンといった滋養強壮に良い栄養が豊富でですが、飲んですぐに身体に作用する可能性は低いです。

ED改善のような確実に悩みを解消したい人には効果なしと思われやすいでしょう。

1日1回の手軽な摂取なので気長に飲み続けることで効果を得られると言え、2、3日で止めるのは早すぎます。

下半身だけでなく疲労回復、血流改善にも良いので健康維持を目的に利用するのも良いでしょう。

けれども臭いが強く飲みづらいので、水よりジュースやお酒に混ぜた方が飲みやすいです。

 

絶倫粉エンペラーの副作用

絶倫粉エンペラーは動物由来の漢方が主な配合成分なので副作用のリスクは低く安心して飲める商品です。

しかし一部では頭痛があるという報告もあり、体調不良を感じたら摂取量は控えることをおすすめします。

また食品アレルギーのある人は原材料表示を確認したり、通院中や別の薬を処方中の人は医師と相談することが大切です。

粉末での絶倫粉エンペラーは1回に1,375gが目安とされ目分量で飲むと気がつかないうちに過剰摂取になる恐れがあります。

毎日計りで地道に計測する必要はありませんが、最初に飲む段階でまずは1,3gとはどれくらいなのか知っておくようにしましょう。

医薬品でなくとも用法用量を守った摂取が重要で、これを守ることで目的の効果を得られます。